5合目から頂上までの登山道では通算で6〜7時間。下山で約4時間はかかります。
登山はマラソンと同じように,無理をせず自分のペースを保つことです。
いざ登山を始めると,下山までは自分の責任です。小屋や馬など万一の備えはあるとは
いえ,決してリタイヤできない道のりと考え,甘く考えないことが富士登山の心得です。
以上,私の富士山登頂記を終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。
メニューページへ戻る


「富士山登頂記」のトップへ戻る

高山病や思わぬけが等により下山が難しい人のために馬に乗って山を下る事が出来る。
馬がいるのは六合目。
五合目まで1人につき約1万円で送ってもらえる。
あれ?さっき私たちを走って抜いていった若者が馬に乗ってるよ。
言わんこっちゃない。まだまだここは高山,
思わぬ体力の低下と酸欠が一気に襲ったんだよな。
下山道には「須走口江戸屋」のほかに山小屋はない。
下山時には最大の分岐点があるので要注意。
須走口(静岡県側)と河口湖(山梨県側),道しるべを
見落とすととんでもない方向に出てしまう。
富士山登頂記 その15