2日目(2000年9月16日土曜日)

北京の朝

北京の朝
 午前6時。
 すでに街は動き始めていた。















長富宮飯店(ホテル)のレストランで朝食を取っている窓の外に,ディスプレイ用にか,中国の伝統的舞踊,
太極拳や剣舞をしているのが見られた。



お粥の屋台

朝,道端で朝食をとっている風景がよく見られる。
中国の朝食の定番はお粥。










学生の姿



自転車で学校へ急ぐ学生









故宮周辺の野外理髪


故宮周辺の通りでは柳の木の下でたくさん野外理髪を
しているのが見られた。名所旧跡のそばで散髪をすると
いう感覚には理解できないが,北京の日常的風景だ。









故宮・午門
故宮

 故宮入口の午門








オレンジ色の上履き

故宮内部は重要文化財のため,土足での進入
防止の目的で靴の下に専用の上履きを付けて
入場することになっている。







オス狛犬メス狛犬
中国の狛犬(こまいぬ)

 日本の神社にある狛犬と違い, オス,メスがある。
 門の正面で向かって右側がオス,左側がメス。
 オスは権力の象徴として珠を握っている。
 メスは子どもを左手で押さ えている格好をしている。
 神戸の中華街にもあったので,横浜などの中華街を
 訪れたときにはぜひ確かめてみてください。






大和殿 日本人団体観光客の姿が多かった


故宮博物院裏門景山景山公園景山から鼓楼方向
景山へ
 (左より)1 故宮博物院裏門,2 景山全景(故宮より)
  3 景山山頂の公園 4 景山公園から眺めた鼓楼方向






同仁堂薬店

 前門大街にある有名な薬店「同仁堂」

  蛇やタツノオトシゴの干物などから女性に人気の減肥茶があった。
  強壮に効くというスッポンの干物は36元だった。






北京飯店北京ダックの食べ方北京飯店にて官府料理を食べた。
写真左は北京飯店玄関。

指さしている料理は北京ダック。
正しい食べ方はパン生地のような
ものを焼いて伸ばした物にダックの
薄切りと白ネギに中国の味噌を載せ
巻いて食べる。






エネルギッシュな北京の夜

活気ある北京の夜の大通り。
思ったよりもイルミネーションが豊富だ。
訪れる前の中国のイメージ以上に車の通る量は多い。
私たちには通りを横断するにもためらうくらい,
交通秩序が守られていない。
車,人,それに自転車が縫うように通る。
そのスピードも尋常でない。
北京を訪れる方はスリにも交通にも要注意。









市内の路線バス

北京市内を走る路線バス。
この日気温は30度近くあったが,
バスには冷房は付いていない。
ぎゅうぎゅう詰めのバスで乗客は
ぐったりといった表情だった。









孫悟空

梨園劇場にて京劇を楽しんだ。
この日の演目は,日本でもおなじみの孫悟空。
ユーモラスさとアクロバティックな演技にずっと見入ってしまい,
退屈するどころか興奮して最後まで見入ってしまった。


   




   今日はここまで。いよいよ明日は万里の長城へ登ります。


メニューまで戻る     北京の旅トップページへ         1日目へ          3日目へ