You are the counter th visitor,thanks!

  みなさん,テニアン島(Tinian Island)ってご存じですか?日本の南南東約2500q,北緯15度,東経145度に位置する北太平洋
上に浮かぶ島。現在はサイパン,ロタなどとともにアメリカ合衆国の自治領で自治政府北マリアナ連邦の中に属しています。台風通過
の予想外の旅となりましたが,そんなテニアン島の様子をみなさんに紹介したいと思います。 テニアン 旅 サイパン 旅行記

テニアン島豆知識


   

map

 テニアン島全体図 

私自身の手作りでお粗末ですが,ご参照くださいな。 
  (クリックすると大きくなります)
   


私の体験旅行記   

第1日目(15日)  関西国際空港のある泉佐野市で宿泊。
第2日目(16日)  空港へ行くも,現地に台風25号接近のため飛行機が飛べず泉佐野市で滞在となる。
第3日目(17日)  ようやくサイパン便が飛ぶ。この日中にテニアン島へ飛ぶ予定だったが国内便が飛べず,
           予定外のサイパン滞在となる。台風に感謝。
            バンザイ岬などかつての太平洋戦争での史跡を訪ねる。
           島内はクリスマスの飾り付けやイルミネーションがすばらしかった。

     saipan1 
saipan2
  
 ホテルから撮影したサイパン・ガラパン市街(写真をクリックすると大きい
 画像が見られます。)





    第4日目(18日)  国内便が再開,テニアン島へ飛ぶ。
planeboardingpass



 テニアンへの国内便。よく見ると尾翼には「SEINO(西濃運輸)」の文字が。
 右は国内線の搭乗チケット




  

cannon 


テニアン空港を降りると,かつて戦争に使われた大砲がそのままモニュメントとして残されていた。                                                                              



                             
busfleminghotel                     
(左)名鉄フレミングホテルのバス  
  なかなかの年期ものだが,現役で宿泊客を運んでいる。
(右)名鉄フレミングホテル(クリックすると大きい画像が見られます。)
  現地日本人スタッフが働いている。
  もちろん日本語で案内が受けられる。
  ただし夜にはフロント従業員が帰ってしまうので注意。

                           
    
store
名鉄フレミングホテルの右隣には直営のスーパーとレストランがある。(写真をクリックすると大きい画像
が見られます。)

スーパーはほとんどが日本製品だ。インスタントラーメンやお菓子など日本の食料品や洗剤,かみそり,
サンダルといった日用品も手に入る。物価は日本のものとそんなに変わらない。
 テニアン島オリジナルデザインのTシャツがここで買える。15ドル。デザインは毎年変わる。
これは一番のおすすめだ。地元の人もみんな着ていた。
 レストランではビールやソフトドリンクをどうぞ。 
         
 
  このほかサン・ホセ村では韓国からの移住者も多く,韓国人向けのスーパーも多く点在する。
  私も人参エキスやキムチラーメンを買った。人参エキスは疲労時には効果ありだった。    
  エスニックな味を試される方はどうぞ。ただし買い物には英語力が少々いる。韓国語ができなければ英語で勝負。



 私たちは,その日の用務を終えるとホテルのバスに乗り込み,かつての激戦の様子が残る島の北部を
 巡る旅に向かった。
  


sanjosemap


ホテルでもらったサン・ホセ市街地図 (クリックすると大きい画像が見られます。)
  






welcomeboard
  テニアン島で一番大きな集落サン・ホセ村(SAN JOSE VILLAGE)
  村の入り口には島にやってきた人たちを暖かく迎える看板がお目見えする。
  「HAFA ADAI(ハファ・ダイ)」とは「ようこそいらっしゃいました」という現地の言葉だ。
  村の人たちの人なつっこい顔が浮かんでくるのだ。(クリックすると大きい画像が見られます。)



                                                                                                       
church

  村の信仰の中心,サン・ホセ教会
  村のほとんどがカトリック教徒だ。


  

 shrine

  日の出神社
   鳥居は前から壊れていたらしいが,灯籠が通過した台風のため倒れたり傾いたりしていた。
   写真右側に見える木も今回の台風で倒されていた。




bomb1

  原爆搭載地点bP
   島の北部にある米軍ハゴイ空軍基地跡。
   広島へ投下された原爆はこの地点からエノラ・ゲイ号に搭載された。
   



bomb2


  原爆搭載地点bQ
    bP地点から歩いても3分とかからない地点にある。
    長崎に投下された原爆はここからB29に積み込まれ飛び立っていった。
    bP地点ともどもヤシの木が植えられている。戦後植えられたもので,bQ地点では大きく
    成長したが,bP地点ではなぜか枯れたり,育ってもあまり大きく育たないと言う。




spout

 潮吹き海岸
   ハゴイ空軍基地の東にある。珊瑚礁の岩に穴があいていて,波が打ち寄せるたびに
   潮が10数メートルも吹き上がる。




  command
 
 旧日本海軍司令部跡
    艦砲射撃を受けコンクリートの柱が切断されている。
    炊事場や風呂場,トイレ,貯水場跡などが今も残っており,兵士たちの生活がうかがえる。




カロリナス台地(バンザイ・クリフ)

downviewbanzaicliffcape


 
    



万事休すとなった日本人はここから     バンザイ・クリフにての作者       カロリナス岬
飛び降りて命を絶った。見下ろすと足も                           観光のために作られた鉄製の手すりも潮風で
すくむ高さだ。美しい紺碧の波が岩を                             錆つき,瓦礫と化している。時の流れを物語る。
洗う。今も何体かの遺骨が眠っている。

chulubeach
 
 チュル・ビーチ
  島の北西部にある小さな海岸。米軍が上陸した場所でも有名。
  今は海水浴場として保養の場所となっている。海岸には星の砂がある。




shelter
 防空壕跡
   日本人が米軍からの艦砲射撃をしのいだもので,砲弾により穴があいている。
   中は昼間でも薄暗く,昼も夜もなく雨のように降り注ぐ砲弾をすさまじい爆撃音とともに
   暗闇の中耐えしのいだのだろう。


  sanjoseview


帰りぎわに島の高台から望んだサン・ホセ中心部
  この写真を撮った場所の付近にも日本人がかつて野戦で飢えと闘った洞穴跡が見られた。




kammer1kammer2カマー・ビーチ(写真をクリックすると大きい画面で見られます)
   サン・ホセ村の南東部にある砂浜で,地元ではジョーンズ・ビーチ
 とも呼ばれている。ちょうど私たちがいた頃はクリスマス直前というこ
 ともあって,村の人々がたくさんの料理を持ち寄って,陽気な音楽を
 流しながらパーティーのしたくをしていた。


                                  

partyhouse
 カマー・ビーチにはこのようなパーティー・ハウスがあり,この日も,この島独特の料理,豚の丸焼きの
したくに大勢の人たちがにぎやかに作業をしているのが見られた。日本の学校の冬休みとほぼ同じ時
期に休暇となった子どもたちは,近くの波打ち際の芝生でサッカーをしたりミニバスケットボールをして
楽しんでいた。
 しばらく時を忘れて眺めていたい南の島の風情だった。


  tagahouse
 
タガ・ハウス(写真をクリックすると大きい画面で見られます) 
  サン・ホセ村の南,港を見渡せる場所にある。
  太平洋の島々には巨石文明があったというが,たぶんその一つだろう。
  今だに何のために作られたのかは知られてはいない。
  北マリアナ連邦の旗にもこのタガ・ハウスが描かれている。この地域でのシンボルだ。
  


   

   第5日目(19日)  午後から自由時間。ホテルのレンタ・サイクルサービスで自転車を借り村内巡り


bicycle

 生い茂るヤシと自転車なぜか似合うのです。
 
 ただ,レンタ・サイクルは無料ということもあり人気で,写真の自転車がやっと借りられたのでした。





guardman
  フレミングホテルのガードマン
   英語で気軽に話しかけてくれたのこの男性はネパールのご出身。
   とってもやさしかった。
   ガードマンは,ひと晩2交代だそうです。




   第6日目(20日)  サイパン経由で帰国。




 ※テニアン回顧
    いまだ島のあちこちに残る戦争が残したその遺物が語りかけること,
  それは「決して悲惨な戦争は二度と繰り返してはならない」ということ。 
   ここを訪れる人たちにはぜひ,平和のありがたさ,命の大事さを学びとっていただきたい。
   (私たちをガイドしてくださった男性の言葉をお借りしました。)


THANK PEOPLE IN TINIAN!
   このホームページ作成にあたり,好意的に応じてくださいました名鉄フレミングホテルのみなさんや,
  温かく接してくださったテニアンのみなさんにこの場をお借りしてお礼申し上げます。


ホームへ戻る
 homebutton